OTOMOYOSHIHIDE OFFICIAL SITE

  • JAPANESE
  • ENGLISH

JAMJAM日記

トットてれび 最終回 森繁久彌の回 音楽参加メンバー

 

投稿日:2016年6月18日 

 はやいもので、もう最終回。見ているとあっという間でしたが、でも作っている方は、音楽チームだけでも半年以上の時間をかけていて、今年前半は、頭の中は「トットてれび」でした。それにしても、今思い返しても、最終回「ベストテン」現場で黒柳徹子さんとご一緒できたこと、本当に嬉しかったなあ。

 今回は、いつものスタジオでの劇伴録音以外にも、撮影現場で劇伴のように、あるいは出演者のように演奏したり、毎回ラストの生演奏をやったりしましたが、それだけではなく、筑波大学付属小学校の2年生と5年生の音楽の授業におじゃまして、その場で即興演奏をしながら劇伴を録音したり、神戸の音遊びの会と私が一緒にライブをやった現場にも音響チームに来てもらい録音しました。筑波大付属の小学生の声はオープニングテーマになり、彼らと一緒にやった即興演奏は、ほぼ毎回どこかのシーンで流れていました。音遊びの会と私の共演は、第二回と最終回で使われています。
 
 劇中に登場したミュージシャンものべで100人以上になります。とりわけ沢山出演してくれたのがテニスコーツのギタリスト植野隆司さんです。ほぼ毎回、あるときは新橋の路上ミュージシャン。またあるときはラジオドラマの劇伴奏者や笠置シズ子のバンクバンドにスーダラ節バンド。そして最終回ではアントニオ古賀さん役で冒頭「徹子の部屋」のシーンに出演。それだけではなく老人ホームの慰問バンドのメンバーもやっていました。 
 最終回ラストで印象的なサックスソロ奏者として出演演奏していたのは鈴木広志。彼もまた新橋路上ミュージシャンや笠置シズ子バンド、スーダラ節とあらゆるシーンに出演していました。
 そして最終回のラスト、何と言っても特記しておきたいのは坂田明さんや坪口昌恭さん、高良久美子さん、栗コーダーカルテットのみなさんほか、もう僕らの世界では大スター級のミュージシャンが多数参加していることです。詳細は下記の参加メンバーを参照下さい。
 こうしたミュージシャン参加の撮影現場で、演出陣と音楽家の間をつないで仕切ってくれていたのが今回のメイン作曲者Sachiko Mさんでした。最終回でも老人ホームのシーンで彼女の顔がチラリと映り込んでます。
 もう一人の作曲者の江藤直子さんもまたラジオドラマのシーンをはじめ多くのシーンで出演しています。わたしの劇伴には欠かすことの出来ない最高のパートナーです。今回は、途中わたしが欧米ツアーで留守してしまったこともあり、Sachiko Mさんや江藤さんをはじめ参加のミュージシャンそれぞれが自らのアイディアで現場を乗り切ることで成り立った作品でもありました。そして、なによりも特筆すべきは、そうした僕ら音楽家の関わり方に対して、主演の満島ひかりさんが最大限の敬意をもって反応してくれたことです。これがあってこその現場でした。
 演出の井上剛さんと、いつかこんなことをやってみたいって話を、それこそ「あまちゃん」をやる前からずっとしていました。音楽は一人で生み出すものではなく、みんなで生み出すもの、いつもそんな風に思ってやってきました。ドラマでもそんなことが出来たこと、そしてそれがテレビを見ているみなさんにも伝わったことが何よりもうれしく、同時にまだまだこの先もありそうだぞなんて、ちょっと欲ばった気持ちもむくむくと出て来ています。

劇中音楽

ラストシーン
「テレビジョンがやってきた」(作曲 Sachiko M)
「ベストテン、ファンファーレ」(作曲 服部克久)
「出発の歌」(作曲 服部正 作詞 飯沢匡)
演奏
大友良英(指揮、ac-g)
坂田明(as) 井上梨江(cl) 上運天淳市(bs) 斎藤寛(fl)
北陽一郎(tp) 三浦千明(tp) 松本治(tb) 青木タイセイ(tb)
栗コーダーカルテット[栗原正巳(リコーダー)川口善之(ss) 関島岳郎(tuba)
江藤直子(p)坪口昌恭(key)桜井芳樹(バンジョー)
高良久美子(シロホン)かわいしのぶ(b) 東広典(ds)
こぐれみわぞう(チンドン太鼓)Sachiko M(perc)

ラスト直前、路上のサックスソロシーン
「トットひとり」(作曲 Sachiko M、大友良英)
演奏、出演 鈴木広志

老人ホーム慰問バンド
「好きになった人」(作曲 市川昭介 作詞 白鳥朝詠)
「知床旅情」(作詞作曲 森繁久彌)
近藤達郎(アコーディオン)江藤直子(key)
東涼太(sax) 植野隆司(g) 小林武文(perc)
Sachiko M(perc)

冒頭【徹子の部屋】のシーン
「知床旅情」(作詞作曲 森繁久彌)
歌 吉田剛太郎、ギター 植野隆司(アントニオ古賀役)

オリジナル音源
「ベストテン」のテーマ(作曲 服部克久)
「徹子の部屋」のテーマ(作曲 いずみたく)

劇伴
作曲,プロデュース Sachiko M、江藤直子、大友良英
編曲 演奏 大友良英スペシャルビッグバンド
ストリングス編曲 江藤直子
ストリングス指揮 佐々木次彦

劇伴演奏
大友良英(g) 江藤直子(p,セレスタ) 堀米綾(harp) 中山正瑠(oboe)斉藤寛(fl, picc) 井上梨江(cl, bcl) 鈴木広志(sax,b-cl, rec,harm) 江川良子(sax) 東凉太(sax) 佐藤秀徳(tp,flh) 織田祐亮(tp)今込治(tb) 青木タイセイ(tb)木村仁哉(tuba) 大口俊輔(acc,org,toy piano) 坪口昌恭(org) 水谷浩章(b) かわいしのぶ(b) 芳垣安洋(ds、perc) 小林武文(ds,perc) 上原なな江(mar, per) 相川瞳(per)
コーラス:サンズリバーズ(高瀬”Makoring”麻里子、飯田希和、加藤圭子)
ストリングス:金原ストリングス
筑波大付属小学校のみなさん
神戸、音遊びの会のみなさん

音響デザイン 島津楽貴、柴田なつみ、今井裕
録音 NHK506スタジオ 2016年3月15,17,28日 4月26日
ミックス NHK604スタジオ 2016年4月4日~4月28日
エンジニア 高橋清孝 中井レイ
アシスタントエンジニア 森山芳晴
制作 佐々木次彦(ムスタッシュ)

最終回ラストシーンの撮影の合間に、新橋のセットの中で昭和のかっこうをした参加ミュージシャンみんなで記念写真

トット最終回1


JAMJAM日記一覧
JP EN PAGETOP
COPYRIGHT (C) OTOMO YOSHIHIDE.ALLRIGHT RESERVED.
  • Facebook
  • Twitter

OTOMO YOSHIHIDE OFFICIAL SITE